葉酸を飲むタイミングを知ろう

葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種で、妊活中や妊娠中に積極的に摂取してほしい栄養素とされています。
何故、これほどまでに推奨されているのかと言うと、タンパク質や核酸の合成を助け、細胞の分裂や増殖を促す作用があるため、胎児の成長に欠かせない栄養素だからです。
また、諸外国の調査によりますと妊娠前から積極的に摂取することで、二分脊椎症などの先天性異常が発生するリスクを減らすことができるとされています。
葉酸はほうれん草などの緑黄色野菜やレバー、豆類に含まれていますが、熱に弱いため、調理する過程で栄養素が失われてしまいます。
ですので、効果的に取り入れるためには食事も大切ですが、不足する分はサプリメントを利用して補うと良いでしょう。
飲むタイミングとしては妊活中からが好ましいですが、貧血を予防したり、産後ケアにも効果があるので、授乳期まで飲むことをおすすめします。
尚、サプリメントはあくまでも健康補助食品のため、必ずこの時間に飲まなければいけないという決まりはありません。
しかしながら、空腹時はつわりを助長される恐れがありますので、胃や小腸の活動が活発になり、栄養素が吸収されやすい食後30分以内に飲むと良いでしょう。
妊娠中は自分一人だけの体ではないので、口にするものは細心の注意を払って選びたいところです。
サプリメントを利用する際によく活用するのが口コミサイトですが、そこに書かれている情報だけで判断せず、自身でもチェックすることが大切です。
原材料は安全なものか、どこの工場で作られているのか、放射線検査を受けているのか、販売元は信頼できる会社かなど確認するようにしてください。

尚、葉酸はビタミンB6やビタミンB12など他のビタミンB群と一緒に取り入れることで相乗効果が生まれますので、これらの成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。
そして、必ず用量を守って正しく利用するようにしてください。
過剰に取り入れすぎると体調不良を起こす恐れがありますので、注意しましょう。